WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績から分かることは?

資産運用は、資産配分・金融商品の選択・入金・発注・積み立てなど、様々なことを考える必要があって、なかなか簡単にチャレンジすることができません。
しかし、そうした難しく面倒なことを全自動でやってしまうのがロボアドバイザーで、国際分散投資を全て任せられるサービスで一番選ばれているのがWealthNavi(ウェルスナビ)です。

WealthNavi(ウェルスナビ)を利用すれば難しいことは何も考える必要がありませんから、ただお金を預けるだけで資産運用がスタートできます。
後はお金がどのように動いていくのかをチェックするだけですから、投資初心者や老後の資産をつくりたい人にはWealthNavi(ウェルスナビ)はおすすめです。
ただ利用するにあたって、実際の運用実績は気になる点です。
また、実際の運用実績から資産運用するうえで学べるポイントもあって、それを理解しておくことも利用するにあたって大切になります。

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績から学べることは、資産運用では短期的な変動に一喜一憂することなく、長い目で見てじっくり運用する長期投資が大切ということです。
実際に運用期間中に米国の金利上昇にともなう株価の急落など様々な波乱材料があって、一時的にリターンが悪化する時期もあったのですが、現在の運用実績はプラスになっているといった例もあります。

また運用実績から定期的に一定額を投資していく積立投資の有効性が学べるのです。
実際、海外資産を中心とした資産運用をすると、リターンは為替レートの影響を受けますし、運用期間においても為替レートは大きく変動します。
円高になったタイミングを狙って投資したいと誰もが考えることですが、プロでも為替レートの先行きを正確に当てることは難しいのです。
その為、為替レートに振り回されることなくコツコツと積立を行うことで、着実に資産を積み上げることができるということを運用実績から学べます。

WealthNavi(ウェルスナビ)は、世界中の株式だけではなくて金や債券も含めたポートフォリオへの分散投資を実施することでリターンの安定化をしています。
運用実績からも分かるように、世界的に株価が下落してリターンも一時的に悪化した場合でも、金や債券の価格が上昇することで株価下落の影響を緩和できるのです。
このように値動きが違う複数の資産に投資することで、リスクを効果的に低減させることが運用実績からも分かりますし、資産を安定的に育てていくためにWealthNavi(ウェルスナビ)が役立つことも分かります。