WealthNavi(ウェルスナビ)で投資信託という第3の選択肢

投資信託というのは、投資家からお金を集めて大きな資金としてまとめて、資産運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。
そして、投資・運用による成果が投資家の投資額に応じて分配される仕組みの金融商品で、資金をどのような対象に投資するかについては、各投資信託の運用方針に基づいて専門家が実施します。

投資信託の運用成績は様々な環境などで変動するので、投資信託の購入後に運用がうまくいって利益が得られることもあれば、その逆で投資した額を下回って損をすることもあるのです。
この投資信託の運用で生じた損益は、投資額に応じてすべて投資家に帰属するので、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。
この部分は銀行などの金融機関に預金するのとは違うところなので注意が必要です。

ただ銀行の金利は下がり続けている状況にあるので、銀行にお金を寝かせている状態は損との考えから、資産運用を検討・実施すする人も増えてきています。
しかし、投資をすると株や資産運用に関する知識やリスクを知って覚悟する必要がありますし、初期の資産運用にかかる費用などが必要です。
個人投資家の約7割は損失を出しているといったデータもあるので、ハードルを高く感じて資産運用をおこなうことは簡単ではないように感じてしまいます。
そのような方のために、特別な知識や覚悟を必要としないで始められる資産運用のサービスもあって、それが先に触れたプロに運用を任せる投資信託などです。

自分で資産運用する、投資信託など運用をプロに任せるといった方法が一般的なことでしたが、ロボアドバイザーで資産運用するといった第3の選択肢もあります。
ロボアドバイザーというサービスは、プログラムされたシステムに安価な手数料で資産運用のサポートをしてもらうというものです。
その為、資産運用へのハードルが低くなる、手数料を下げることができる、投資スタイルを判断してスタイルに沿った運用をおこなってくれる、投資状況により投資先を見直してくれるなどの特徴・メリットが得られます。

このロボアドバイザーの中で最も平均利回りが高いと評価されているのがWealthNavi(ウェルスナビ)で、30代から40代の方の利用率が60%を超えているのです。
このことからも分かるように、WealthNavi(ウェルスナビ)は仕事をしながら中長期的に投資を考えている方におすすめと言えます。
また、比較的ハイリスク・ハイリターンな投資先を選択できるので、自動運用でも多くの利回りを得たいと考えている人には適しているのです。