WealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用はいくらから?

資産運用を考えている方の中には、資産運用に用いるお金はいくらから始めれば良いのかで悩むことも少なくありません。
WealthNavi(ウェルスナビ)は、時間をかけて運用することで短期的な市場の変動を乗り越えられるため、長期的な視点で資産運用することがおすすめです。
このように長期で資産運用をする場合には、しばらくは使用する予定のない余裕資金をあてるのがベストな選択と言えます。

余裕資金がどの程度あるのかを知るためには、近い将来に必要なお金から逆算するのが早道です。
近い将来に必要なお金とは、食費や家賃など日々の生活費、車の買い替えなど近い将来に使用する予定があるお金、急な病気や失業などの生活防衛資金などがあります。
このようなお金はいざという時にすぐ使用できるように、資産運用の対象外として預金で確保しておくと良いです。
つまり、これらに当てはまらないお金が余裕資金といえるもので、資産運用に安心してあてることができます。
ただ余裕資金の金額が判明しても、それを全て資産運用に使用する必要はなくて、自身の年代や年収・現在の資産・ライフプランなどを考えて、無理のない金額はいくらなのかを考えて設定することが大事です。

余裕資金の考え方が理解できていくらからというのが判断できても、毎月どの程度の黒字を出すことができるのかを把握することは難しいと言えます。
着実に無理なく資産運用を実施するには、1ヶ月ごとなど期間を定めて一定額ずつ投資額を増やしていく積立投資という方法も有効です。
このような積立投資を行うことにより、一時的な相場の変動に左右されない長期的な視点に立った資産運用も可能となります。
最初から大きな金額を投資することに不安を感じる方にとっては、値動きに少しずつ慣れながら徐々に投資額を増やしていけるというメリットもあるのでおすすめです。

このように資産運用はいくらからということを考えても、10万円からの投資が基本となっているWealthNavi(ウェルスナビ)の利用はおすすめと言えます。
生活にお金がかかる若い方にとっては、10万円という金額は高いと感じるかもしれませんが、昔はWealthNavi(ウェルスナビ)から直接申し込みすると100万円でしたし、提携先の利用でも30万円から利用だったのです。
このように昔はもっと高かったので、それを考えると資産運用が10万円からできるというのはお手頃と考えられますし、資産運用はいくらからのハードルが下がったとも言えます。